将来役立つ「最高の習い事」を探している

小学生をお持ちのお母さんへ


ご存知ですか?

大人になって成功する人はみな「読書家」

 

 勉強の先取りよりも大切なこと。

 子どもが将来、人生の選択を希望通りに叶えるために、絶対欠かせない学力。それを十分につけるためには「本を読む」習慣がとても大切です。

 大学受験をゴールとすると、それは10年以上の長丁場。幼児や小学校低学年の頃に「勉強」を詰め込んでも、それが将来まで持ち越されるとは限りません。それどころか、子どもが勉強嫌いになってしまうことも考えられます。

 でも、本は楽しむためのもの、いくら読ませても勉強嫌いになることはありません。それどころか、本で得た知識を広げたい、もっといろんなことを知りたいと勉強のやる気が湧くきっかけになります。

 成長過程の10歳くらいの頃は社会性がぐっと高まる季節です。この10歳までが本好きにするチャンスです。

「読書」は、将来の学力に直結します。とにかく読書量が大事です。

 

学年が上がるほど圧倒的な差に。

 読書を習慣にする時期が早ければ早いほど、国語力は高まります。

 読書量があると学力の土台が確実にできるので、学校の授業や受験に際して有利になります。

 国語力は勉強では身につかない、感覚的なもの。言葉は生きています。だから、実際の文章の中にどう使われているのか、どう使いこなせばいいのかを学ぶには、生きた言葉が詰まっている「本」をたくさん読むことが重要なのです。

 地頭の基礎が作られる、10歳くらいまでは「本」を読む時間をたっぷり取ってあげたいもの。でも、現代の子どもは、宿題や習い事などが多く「読書」にたっぷり時間をかけることは難しいかもしれませんね。

だからこそ、限られた時間で圧倒的な読書量を得るために、「速読」の習得が必要だと言えるのです。

 

「教育の2020年問題」を見据え、今から対策を。

 日本の教育が大きく変わります。

 新制度は「学力の3要素」を重視するとされています。

①十分な知識・技能

②それらを基礎にして、答えが一つに定まらない問題に自ら解を見出していく思考力・判断力・表現力などの能力

③そしてそれらの基になる、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

 

 

「速読」で手に入る2つの力。

①文章を読むことが苦にならない。

 黙読や音読は意識して読みますが、速読は意識して読みません。無意識に頭が理解してくれるので、考えることに余裕が生まれます。

②脳の処理能力が格段に上がる。

 無意識の領域で読むので、読み解く速度も同時に高められ、能力が飛躍的に向上します。

 

子供たちがどんどん進化する。

 今後、日本の教育が新制度となる中、速読による圧倒的な知識量を得ることができ、書く・話す・まとめるなどのアウトプットをトレーニングする当速読教室は、将来を見据えた最適な動きとなるでしょう。今から対策を打っておくと、大きなアドバンテージを得ることができます。

 また、受験方法がCBT(コンピュータ端末での受験)に移行するため、パソコン入力にも十分慣れておく必要があります。当教室はパソコン教室も併設しているので、この点でも安心です。

 速読のレッスンは、PCと本だけのシンプルで簡単なトレーニングです。小学校低学年からでも習得できます。先に学んでいる先輩たちを見ながら、子どもはどんどん自分で進化していきます。この経験が、未来を切り開くきっかけとなってほしいです。


「子どもの頃にこの速読をやってたら、違う人生になってたよね」

(速読訓練生・47歳女性)

 

 この言葉、実は大人の訓練生からだけでなく、保護者さんからも同じようなことをよく言われます。速読術はとても魅力的ですが、一般的には習得が難しいものとされているようです。

 しかし、ブレインブースト(次世代速読)は、一言でいうと「常識破り」の速読術。そのトレーニングはパソコンと本を使うだけのとても「シンプル」なもの。なのに、その成果は「もの凄い」。…でも、凄いのは「速く読める」ことだけにとどまらないのです。これは正に「脳力革命」と言っても過言ではありません。

 

読書力をつけ「脳を育てる」速読
 それは、このトレーニングをすることで、総合的な「脳力」が桁違いにバージョンアップしてしまうこと。学力や身体能力・コミュニケーション能力など、様々な能力が向上します。

 教室の子どもたちは現在、児童書を1冊3分〜2秒程で読みます。その後に、その本の内容を話したり、原稿用紙にあらすじを書いたりします。「読む力」「聞く力」だけではなく「話す力」「書く力」もとても大切な要素。しかしそれぞれは全く別のスキルなので、教室独自の多彩な訓練メニューで、子どもたちの「脳力」をしっかりと引き出していきます。

 

速読は一生役立つ素晴らしいスキル
 もちろん、勉強をしないと成績自体は上がりません。しかし、トレーニングを重ねていくと「脳力」が格段にアップするので、「一度見ただけで暗記してしまう」、「瞬時の判断力がつく」など、普通の子よりもラクに勉強ができ、すべてにおいて「有利」となります。

 この速読法に興味を持ち、そして実際に行動した人だけが手にできる、一生役立つスキルとなってくれることでしょう。